婚約指輪の選び方~2人で選ぶ結婚への第一歩~

リング

一生に一度の贈り物

ウェディング

ダイヤモンドの選び方

最近の若い人は儀式的な結婚式を避ける傾向があります。中には2人だけで挙式をする人も増えています。それでも必ず男性が準備するものがあります。それが婚約指輪です。一生に1度の大切な贈り物なので、慎重に選ぶことが大切です。婚約指輪といえばダイヤモンドです。ダイヤモンドを選ぶ時には4Cを基準にします。重量や色、透明度や研磨で、Carat、Color、Clarity、Cutの頭文字を取ったことで4Cと言われています。この4つのCによってダイヤモンドの品質が決まってきます。また婚約指輪には決まったタイプがあって、定番のソリティアタイプ、華やかで豪華さを求める人はサイドストーンタイプ、シンプルでいつでも身につけやすいと評判のフラットタイプ、さらにエタニティタイプです。購入する時には彼女の好みをよく知ってから選ぶことが大事です。

贈るタイミングが大事

女性にとっては嬉しい婚約指輪ですが、男性にとっては緊張をともなう大事なイベントです。できればスマートに贈りたいものです。難しいのは渡すタイミングですが、個々人によって違ってきます。彼女との結婚が未定の時に、一気に心を引き寄せるためにプロポーズと同時に差し出すケースもかなりあります。時と場所を選べば、かなり効果的です。またプロポーズをして婚約が整った場合、結納の時や両家の顔合わせの時に贈るというやり方もあります。男性にとっては意中の彼女が見つかったら、すぐに婚約指輪の準備に入るのが良いのです。いつでもプロポーズできる態勢を整えておくことが、結婚のゴールへ向かう早道です。問題は値段ですが、余裕があればクオリティの高いものがおすすめです。今後の傾向としては海外ブランドのエンゲージリングを贈るケースが増えていきます。