婚約指輪の選び方~2人で選ぶ結婚への第一歩~

リング

需要と供給はどうなってる

結婚

プロポーズに必要なもの

まず男性がプロポーズをしようとするときに考えるのは婚約指輪を用意することだろう。夜景の見えるレストランで食事の最後に婚約指輪を出して、結婚しよう。というのは定番のプロポーズ場面であるといえるだろう。そこに婚約指輪がなくては、明確な結婚の意思が見えない感じる女性がいるのは確かだ。プロポーズをする上で、相手に渡すものとして時計でもなく花束でもなく婚約指輪を渡すというのは王道と言えるレベルになっている。もちろん婚約指輪でなければならないということはない。プロポーズしてから2人で買いに行くケースもあるのだ。婚約指輪を2人で選びに行くというのは、女性の好みを尊重したいという男性の気持ちが現れており、女性の気持ちを汲んだ行動とも言えるだろう。

供給側から考察すると

一般の宝石店からカジュアルなファッションブランドまでどこでも婚約指輪を販売していると言っても過言ではない。なぜならば日本には「婚約指輪は給料の3カ月分」という素晴らしい名文句があるからだ。現在ではそれに値する物を購入しようというほど景気が良いわけではないがやはりそれ相応の金額にも男性の覚悟もある。何よりも女性の期待感が一番高く男性もそれを裏切ることの無いようにするためには致し方無いことなのである。現在の平均的な婚約指輪の購入金額は20万から30万円位で、それを超えても50万位までで収まるだろう。インターネットで購入するのも今では当たり前になりつつある。インターネットでは、指のサイズを確認する仮のリングを依頼主の元に送るようなサービスを提供していることもある。またサイズが違っていた場合、婚約指輪であれば、サイズ直しを受付してくれる宝石店は多いのだ。どのようなアフターサービスが提供されているのか、きちんと見極めてから、婚約指輪は購入するのが良いだろう。